Profile

Jazz Guitarist Tsutomu Nakai is one of the hottest and in demand musicians in New York City right now. His exceptionally unique guitar work is beautiful and strong, yet versatile. His mastery of Improvisation is evident while emphasizing the melody above all else. This is the essence of Jazz guitarist Tsutomu Nakai’s style.

His second full length album as a leader, “G’s Wish” featured a close collaboration with the great Tenor saxophone player Mark Turner. The album showcases more than just the mastery of the instruments, but draws out deep emotions that only Jazz music can convey. Mr. Nakai maintains a steady live performance schedule, gigging at clubs all over New York City. Some of his frequent appearances on the bandstand have been sharing the stage with with respected jazz musicians like Jimmy Heath, Jimmy Cobb, Michael Kanan, Greg Tardy, Jim Rotondi, Gene Jackson, Fukushi Tainaka, Sadao Watanabe, Peter Bernstein, and others.

Tsutomu Nakai started his career as a guitar player at local clubs in his hometown when he was in high school. After listening to Jim Hall, he was inspired and devoted the majority of his time to jazz guitar. Having moved to New York City in 1997, he started studying under Jazz master Gene Bertoncini. His playing style can conjure visions of guitar god, Grant Green, however he never hesitates to embark on the journey of establishing his own playing style. His unique bell like guitar tone casts an atmosphere of freshness over any musical situation he is involved with.

In 2014 he led a concert tour throughout Japan in to sensational accolades. He was accompanied by three of the top musicians in New York and in the Jazz World. His band mates were Dwayne Cook Broadnax(d), Jim Cammack(b) and Rob Bargad(p). Also in 2002 He conducted a well received and much remembered concert tour in Japan along with organist Adam Scone. For the past 14 Years, Tsutomu has arranged an annual concert tour of Japan with top musicians from both Japan and USA.

中井勉 ジャズギターリスト 1971年 京都市出身 NewYork 在住

学生時代にJim Hall のギターに刺激を受け、ロックギターからジャズギターの道に進む。アン・ミュージックスクール京都にて基礎となる音楽理論一般を学び、在学中からプロのジャズギタリストとして関西を中心に活躍する。1997年にニョーヨークへ単身渡米。アレンジ・作曲を学び、ジーン・バートンシー二氏にギターを師事する。1999年には増尾好秋、井上智をプロデューサーに迎え、初のリーダーアルバム(MINETTA)をピアニスト、マイケル・ケーナン等とリリースをする。学生時代にJim Hall のギターに刺激を受け、ロックギターからジャズギターの道に進む。アン・ミュージックスクールで基礎となる音楽理論一般を学び、在学中からプロのジャズギタリストとして京都を中心に活躍する。

ブルーノート・ニューヨークにリーダーとしてマイク・ルドーン、グレッグ・ターディー、マーク・ターナー、クリス・チーク等と出演を果し好評を得る。2004年3月には自身2作目となるアルバム”G’sWish”をテナー奏者マーク・ターナーとレコーディングをする。そのCDが2004年6月にワッツ・ニューレコードレーベルから発売され話題となる。2002年~2014年の12年間、年に一度の日本公演を行っている。共演者は田井中福司、中村健吾、吉岡秀晃、井上陽介、TOKU、太田剣、その他多数。2014年4月には、Tsutomu Nakai Super Quartet としてDwayne Cook Broadnax(d) Jim Cammack(b) Rob Bargad(p)を率いて日本ツアーを行う。各地で大盛況となり話題になる。

ニューヨークでの演奏スポットもブルーノート、スモールズ、スモーク、ファット・キャット、今のニューヨークのジャズサウンドを象徴するメインストリームなクラブで演奏活動をしている。今迄の主な共演者:マーク・ターナー、ジミー・コブ、ジミー・ヒース、ラッセル・マローン、ロン・アフィフ、ピーター・バーンスティン、渡辺貞夫、その他多数。

縦横無尽に駆け巡るフレージング、力強く美しいシングルトーン、なによりもメロディを大事に奏でるギタリスト、これが中井勉のスタイルである。